結婚

招待客が楽しめる余興

披露宴の中で、楽しく盛り上がるものの1つが余興でしょう。
しかしその余興の内容によっては、その後の披露宴を台なしにしてしまったり、余興での失敗が尾を引いてしまったりこともあるので、内容に関しては充分に注意して考える必要があります。

では、どのような余興が良いのでしょうか。
一番大切なのは、招待客の年齢層や構成を考え、誰もが楽しめるようなものを考えることです。
新郎の仲間内だけしかわからないようなネタを使ったり、あまりに下ネタが過激すぎたりすると、盛り下がるどころか、新郎新婦の顔にドロを塗ることにもなりかねません。
そういった余興は、仲間内だけで行う二次会などで披露したほうが良いでしょう。

誰もが楽しめるような余興の1つとして、新郎新婦に関するクイズや、お色直しでの新婦のドレスの色当てクイズなどは、小さなお子様からご年配の方まで楽しんでできると思います。
ちょっとした景品などをつけてあげると、更に喜ばれるでしょう。
こちらの解説サイトでも、盛り上がった結婚披露宴での余興について例を挙げています。とても参考になりました。

ダンスや楽器の演奏なども盛り上がるものの1つです。
ただ、やるからには上手くなくてもいいので、誠意を持ってやりましょう。
中途半端にやるのが一番盛り下がります。
また、ダンスをするスペースがあるか、楽器の持ち込みや演奏は可能かなど、事前に会場に聞き、念入りに打ち合わせをすると良いでしょう。

感動する余興の1つとして、友人がサプライズで新郎新婦のお世話になった恩師や友人などからインタビュー映像を撮ってきて会場で流したり、生い立ちビデオを作成したりするというものがあります。
会場に音響や映像演出のできる設備が整っていることが条件ですが、手間がかかっている分、新郎新婦の感動も大きいでしょう。
また、生い立ちビデオの中に招待客と写っている写真などを取り入れると、新郎新婦以外の招待客もより一層楽しみながら見ることができます。

どんな余興をやるにしても、余興のメンバー、余興の時間、余興の内容をきちんと話し合い、会場とも打ち合わせをしながら行うことが大切です。
余興は披露宴を盛り上げる大切な時間です。
誰もが思い出の1つとして心に残るような、素敵な余興をしましょう。
こちらのサイトには、結婚披露宴で流す音楽について、実体験をもとにした解説がありました。ご覧になってみてください。