結婚

ウエルカムボード

披露宴会場の入り口に置かれるウエルカムボードは、披露宴の表紙のようなものです。
ウエルカムボードによって、その披露宴の雰囲気や、新郎新婦がどんな人たちなのかということが、招待客に伝わるのです。

近頃は、このウエルカムボードを手作りする人が多く、様々な形のウエルカムボードが生み出されています。
今は100円ショップなどでも充分な材料が手に入るので、安価に手作りすることができます。
コルクボードや写真立て、周囲を飾る造花などのアイテムがあれば、それだけで簡単なウエルカムボードは完成してしまいます。
節約しようと思えば、いくらでも節約できるのが、このウエルカムボードなのですが、せっかく作るのならば、招待客が見て素敵だと感じてくれるようなものを作りたいですよね。

例えば、新郎新婦の思い出の写真を沢山貼り付けたウエルカムボードなどはどうでしょうか。
写真を活用したウエルカムボードならば、招待客も見てくれようとするので、作りがいがありますよね。
前撮り撮影をしているのなら、ぜひそのときの写真を使ってみてはいかがでしょうか。
少し大きく写真を引き伸ばして、額縁に飾り、メッセージを添えるだけで立派なウエルカムボードになりますよ。

また、ミラータイプのウエルカムボードも人気です。
こちらは手作りされる方は少なく、ネットや店舗で注文して作ってもらう方が多いのですが、ミラーに新郎新婦の名前と挙式日、メッセージを彫ってもらうものになります。
これはシンプルなのに、これ1つ飾るだけでとても素敵に見えます。
和風洋風、どんな会場の雰囲気にも合いますし、使い終わった後は新居に飾ってインテリアとして活用することもできるので便利です。

ボードという形にとらわれず、ウエルカムドールとして動物や自分の好きなキャラクターのぬいぐるみを飾るという方法もあります。
このウエルカムドールを、新郎新婦に見立ててドレスやタキシードを着せてあげてもかわいいですし、実際にそういった手作りのキットも沢山売られているので探してみてはどうでしょうか。
このウエルカムドールも、使用後は思い出の品として飾っておけるのでオススメですよ。

どんなタイプのものを利用するにしても、招待客の方々を新郎新婦に代わってお出迎えするのがウエルカムボードなので、そのことをふまえて考慮してくださいね。
その他、結婚披露宴の雰囲気を盛り上げるオープニング映像については、こちらのサイトをご覧になってみてください。