結婚

ウエディングドレス選び

結婚式を行うにあたって、女性が最も楽しみにしていることの1つがウエディングドレス選びではないでしょうか。
真っ白な純白のドレスを着ることができる機会なんて、結婚式のときくらいしかありませんからね。
小さな頃から純白のドレスを着て、ヴァージンロードを歩くのが夢だったという人も沢山いるのではないでしょうか。
そんなウエデングドレスですが、一口にドレスといっても色々な種類があるということをご存じでしょうか。

ウエストからアルファベットのAのように裾が広がった「Aライン」。
「プリンセスライン」は名前の通り、お姫様のように裾がふわりと広がったものです。
人魚のようにスレンダーに見せてくれる「マーメイドライン」。
もっと色々あるのですが、裾の広がり方によって、こういった種類があります。

また、ドレスにあしらわれているレースやフリルの種類、ドレスの丈など、本当に沢山の中から選ばなくてはなりません。
最初は楽しく試着していたけれど、なかなか決められなくて、だんだんとドレス選びが大変になってきたという新婦さんも多くいらっしゃいます。
どんなドレスが似合うのかというのは、実際に着てみないとわからないものです。

写真やカタログを見たり、お店に展示してあるものを見て、自分にピッタリだと思って着てみたら、意外にイマイチだったということはよくあります。
逆に、「これは無いな」と思っていたものを冷やかしで着てみたら、想像以上に良く、それに決定してしまったという話もよく聞きます。

自分がどんなラインのスカートが合うのか、ドレスの丈はどんなものがピッタリなのか、同じような種類でなく、全く違う種類のものをどんどん試着してみましょう。
自分に合う種類のドレスがだんだんと絞れてくると思います。

自分の好みのドレスを選ぶのももちろん大切なのですが、ひとつ気をつけて欲しいのが披露宴会場とドレスとの相性です。
狭い会場なのに、裾が大きく広がったドレスだと移動に困難だったり人にぶつかりやすくなります。
ヴァージンロードが短いのにトレーンが凄く長いものだったりすると、あまりにミスマッチです。
そういった会場との相性も考えながら、ドレスを絞っていくと早く決められるかもしれませんね。

また、どうしてもどちらのドレスにしようか選べないときは、新郎さんの意見を聞きましょう。
新郎さんがより「キレイだ」と思ってくれるドレスを選ぶべきです。
新婦さんのことは、新郎さんが誰よりよく知っているはずですから。
こちらのサイトで、結婚披露宴で着るドレスのデザインやカラーの選び方について解説されています。参考になさってみてください。