結婚披露宴でのスピーチ

披露宴を行うにあたって、迷うことのひとつに、スピーチをどなたにお願いするかということがあるという方は結構いらっしゃると思います。
前々から職場の上司が「君の結婚式のときは、私がスピーチをするから」と意気込んでいるようならば、その方にお願いすればスマートなのですが、スピーチを頼まれた方は嬉しいという方もいる半面、困るという方も多いのが現状です。
スピーチを頼むにふさわしい方であるかどうかをよく考えて、お願をしましょう。

では、スピーチを頼むにふさわしい方とは、どういう方でしょうか。
一番重要なことは、新郎もしくは新婦のことをよく知っていて、この結婚を心から喜び、祝福してくださるという方にお願いするということです。
大して2人のことをよく知りもしないような方のスピーチは、2人との関係をよく知らない方でも、心のこもっていないことがわかってしまい、とても淡泊で寂しいものになってしまいます。
それではいくら披露宴自体が素晴らしくても、「新郎新婦にはこんな人しかスピーチを頼む相手がいなかったのか」なんて思われてしまいます。
職場の直属の上司や、親友など、本人達のことをよく知っている、大切な方にお願いしてください。

そして次に大切なのが、スピーチをお願いする方が喜んで引き受けてくれるかどうかということです。
親友だから、頼めばやってくれるだろうと勝手に思い込んでいてはいけません。
人によっては、どうしても大勢の前で立つことや、話をしたりすることが苦手で絶対にできないという人もいるのです。
そんな人に、無理にお願いをするということは、果たして誰もが幸せな気分になれる披露宴となるのかどうか、考えればわかることですよね。

誰でも、何度スピーチをしても多かれ少なかれ緊張したり不安になったりするものです。
それでも「緊張するけれど、2人のために頑張るよ」と言ってくれる人にお願いするようにしましょう。

また、お願いする方法は、いきなり招待状でお願いすることはマナー違反です。
できれば直接会って、難しければ電話でお願いをし、その後改めて手紙などでスピーチについてのお願いや案内をするのがマナーです。

案内には、進行の中の、どのタイミングでスピーチをお願いするのかということや、スピーチの時間、スピーチの内容を記しておきましょう。
スピーチの内容とは、例えばスピーチをお願いする人が2~3人いた場合、内容がかぶってしまうと本人達が本番で困ってしまうので、あらかじめ「職場での様子」や「プライベートでのこと」などスピーチで話してほしいことをだいたいで良いので伝えておくと、本人達も安心でしょう。
スピーチをお願いされる側が、気分良くなれるようなお願いの仕方を考えて、丁重に頼むようにしましょう。
その他、喜んでもらえる結婚披露宴の演出については、こちらのサイトがお勧めです。