結婚

引き出物選び

結婚式に出席したことのある方なら経験があるかと思いますが、もらっても困ってしまうような引き出物をいただいたことはありませんか?
食器や鰹節、紅白餅など、特に若いゲストの方などにはあまり好まれないようなものを引き出物としていただき、結局使わずにずっとしまいこんであるという方も多いのではないでしょうか?
せっかくですから、誰からも喜んでいただけるような、そんな引き出物を選びたいですよね。

引き出物で気をつけなくてはならないのは、その土地の風習などです。
ご両親や式場のスタッフさんに確認をしてみるのが良いと思いますが、引き出物の品数や、必ず入れなくてはならないものなどが、地域によってはあるかもしれません。
それがゲストに喜んでもらえなさそうなものだったとしても、親戚関係などを考慮して入れるべきか入れなくても良いのかというところは、両家のご両親とよく相談されると良いと思います。

あとから親戚関係から「鰹節が入っていなかった、風習を守っていない」などというクレームが来ることを防ぐためにも、きちんと確認をしておきましょう。
また、今は相手によって引き出物の中身を変えることができる場合もありますので、親戚関係などは風習を守ったも のにしておき、その他の友人や職場関係のゲストにはオリジナルな物を贈るということをしてもいいかもしれませんね。

男性か女性かによって中身を変更するのも良いかもしれません。
ある結婚式では、ゲスト全員の引き出物が違っていたことがあったという話もあります。
ご自身の結婚式のスタイルや引き出物に対する重点の置き方で、どうするか考えてみましょう。

こちらのサイトで、結婚披露宴の引き出物サイズについて、解説されています。参考になさってみてください。
引き出物で最もよくあるのがカタログギフトです。
ゲストが自分で好きな物をチョイスすることができるということで、人気のある引き出物なのですが、このカタログギフトは誰もが引き出物に利用していてオリジナルティが無くて印象に残らないところが欠点です。
しかし最近のカタログギフトは色々と種類も増えていて、従来のような物だけでなく、食品だけのカタログギフトや、スイーツのカタログギフト、子ども用品のカタログギフトなど、専門的なものも探せばたくさんあるのです。
もしカタログギフトを利用するのなら、そういった変わったものを選ぶと印象に残るかもしれませんね。

その他にも、遠方からのゲストが多いならば地域の名産品を入れてみたり、勤め先の会社の商品を入れてみたり、2人にまつわるような物を引き出物に入れてみると印象に残り、喜ばれるかもしれません。
贈られて嬉しいかどうか、ゲストの立場になってよく考えてみましょう。