結婚

ブーケ選び

披露宴会場やテーブルを彩る、様々なお花。
会場を飾るお花は、スタッフさん専門業者さんにお任せしてもいいかもれしませんが、ブーケ選びだけは、きちんと打ち合わせをしましょう。
なぜなら、ブーケもドレスや新婦を引き立てる重要なアイテムだからです。

ブーケにも色々種類があります。
「ラウンド」といって、一般的な丸い形のブーケ。
「キャスケード」は下に流れるようなラインを作った長めのブーケです。
「ハンキング」といって、バックのように持てるようにアレンジしたタイプのものもあります。

また、造花で作るか、生のお花で作るかでも雰囲気は大きく変わってきます。
これらに加えてお花の種類や色合いも含め、様々な角度から考えてブーケを考えるのです。

とは言うものの、他にも決めなくてはいけないことが沢山あるのに、ブーケにそんなに考える時間をかけていられないという方も多いと思います。
ですので、ポイントだけきちんと押さえて、ご自身にピッタリなブーケを選びましょう。

挙式時のとき、披露宴のとき、お色直しのときと、衣装をチェンジする機会があるならば、それに合わせてブーケもチェンジすると良いでしょう。
それぞれで全く違うタイプのブーケを持つのもオシャレですね。

例えば、挙式のときは長いベールを後ろに垂らし、前にはキャスケードタイプの長いブーケ。
色合いは白色のドレスを目立たせるために白や優しいグリーンを基調にしたもの。

披露宴のときは、同じ白色のドレスを着ていたとしても、ブーケを変えるだけで全然雰囲気が変わってしまうので、これを使わない手はありません。
華やかな披露宴にはピッタリのピンクやイエローなどの鮮やかな色合いの華を使ったり、ハンキングタイプにして腕にかけていても可愛らしいですね。

お色直しのときも、ドレスの雰囲気に合うようなチョイスをしましょう。
ドレスの色に合わせたお花で、ドレスが引き立つようにラウンドタイプで小さく持つのはどうでしょうか。

このように、ブーケはどんなアクセサリーよりも新婦やドレスを引き立たせる力があるのです。
反対に、ブーケ選びを間違えると、ちぐはぐな雰囲気になってしまい、せっかくのドレスやキレイな花嫁さんが台なしになってしまいます。
どんな色で、どんなタイプで、どんな花をメインに使いたいかということを担当スタッフさんにお伝えすれば、あとはプロの方ですから会場の雰囲気にもピッタリなブーケを作り上げてくれることでしょう。
その他、結婚披露宴でのブーケトスについての詳しい解説はこちらのサイトをご覧になってみてください。